仲手川布団店

仲手川布団店

明治から昭和初期まで、大磯は多くの政財界の別荘地として栄えました。
当店は吉田茂邸の出入り業者としてご愛用頂いておりました。
ページ中に掲載していない製品のお仕立てなどにつきましても、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

03-5809-1515

お問い合わせ
 

2015/09/14 お財布も人間と一緒


「お財布布団」というものをご存じですか?



知らない方は、「お財布を人形に見立てたままごと」かと思うかもしれません。
しかし、実はこれは、わかっているだけでもう100年以上前から資産家の方などに伝わるお金と仲良くなる為の素晴らしい習慣なのです。

今日は、その当店に古くから伝わる商品でもある、「お財布布団」について改めてご紹介したいと思います。

「お財布布団」とは、言葉の通りお財布のお布団の事です。
以前、実業家でもある芸能人の松居一代さんが、あるテレビ番組でお金と上手く付き合う為に自分が日頃行っている事をご紹介されたところ、反響が大きく一気に広く知れるようになった習慣です。




反響が大きかったのは奇抜な発想だったからでしょうか。
いえ、そうではなく松井さん自体が実業家としても有名で大きな財力を持ち、強い金運を持っているという事実から、効果があると世間に認められたからではないでしょうか。

これが、今では一般的になった「お財布をお布団で寝かす」習慣が、一般の方々にもメジャーデビューした瞬間でした。

さて、いくら効果があるといっても、「お財布に布団を用意するなんて…」と思うかもしれません。

しかし、大切な骨とう品や思い出の詰まったお人形などを飾る際にも、その敷物や置き場所、ケースは、そのものを引き立てる意味でも失礼にならない為にも重要です。

また、赤ちゃんにはすくすくと育ってもらいたい、気持ちよく寝て起きたらまた元気になってほしいとの思いからお布団はフカフカで寝心地の良いものを選びたいですよね。

できるビジネスマンは、出張時のホテルや自宅の寝具にはこだわっているともよく耳にします。

お財布も日頃お金を治め、日常生活の激しい出し入れの日々で疲れるといえます。
だから休ませなければ翌日また元気になれません。
まさに、人間の布団と全く同じなのです。


 

財布布団のご注文はこちらからどうぞ