javascript:send()

商品一覧

  • 高級財布布団

    高級財布布団

    お財布を寝かせて休ませることは、
    『開運』『金運アップ』
    として最も効果的な習慣です。

    <サイズ>
    敷布団
    約縦32×横20
    掛け布団
    約縦29×横23

    約縦4.5×横12
    <中綿>
    めん綿100%使用

    詳細を見る
  • 財布布団専用ベッド

    財布布団専用ベッド

    腐れに強く、軽くて丈夫な最高級の木曽ヒノキを使用し、お財布のリフレッシュ効果を高めます。

    <サイズ>
    縦36×横23×高さ9cm
    <素材>
    最高級木曽ヒノキ

    詳細を見る
  • ブラジル産AAAA さざれ石水晶

    ブラジル産AAAA
    さざれ石水晶

    お財布布団・ベッドに敷くことで、マイナスエネルギーを浄化し、安らぎを与え、お財布にとって「最高に居心地が良い場所」に。

    詳細を見る
  • お財布休養3点セット

    お財布休養
    3点セット

    お財布の布団、お財布布団専用ベッド、さざれ石水晶の3つが揃ったお得なセットです。

    詳細を見る

仲手川布団店

仲手川布団店

明治から昭和初期まで、大磯は多くの政財界の別荘地として栄えました。
当店は吉田茂邸の出入り業者としてご愛用頂いておりました。
ページ中に掲載していない製品のお仕立てなどにつきましても、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

03-5809-1515

お問い合わせ
 
2016/09/01 貯金上手な人がしている金運アップの為の行動3つ(後)

 
お札の向きを揃える

次に、お金の扱い方の習慣を変えましょう。これまで、お買い物をした後でお釣りを受け取った後で、どうしていましたか?お金の姿を確認することなく、無意識に受け取ってお財布に入れていませんでしたか?それでは、運気が落ちてしまうのです。

今回からは、お釣りを受け取る際には、ちゃんとお金の姿を確認したうえで、お財布に戻してあげるようにしましょう。ご自身のお財布にお金がやってきてくれたのですから、感謝すべきです。

また、お札の向きをきちんと揃えたうえで、お札の頭を下にしてお財布にしまうようにします。こうすることで、お札の数字が見えなくなりますので、出す際には、きちんとお札の額を確認する習慣が身につきます。

お札を受け取る時にも、出す時にも、きちんとお金の姿を確認して意識を向けることが大切なのです。

例えば、ギャンブルに興じて夢中になっている人が、いちいちお金の向きを揃えて確認しているでしょうか?お金の姿を確認することはありませんので、どんどんお金を注ぎ込むことができるのです。

お金が入ってくる時、出ていく時、必ずお金に注意を払う習慣をつけるだけで、金運はびっくりするほどアップしていきます。もちろん、それは1万円札だけに対してではありません。

1円のお釣りをもらった場合でも、5円玉であっても意識をきちんと向けて、感謝の気持ちを持ちましょう。

また、1日の終わりには、財布についた汚れなどをきちんと布で拭き取り、お財布の中にあるお金をすべて出して、小銭はペットボトルなどに貯金をしていきます。

そして、財布布団の上でゆっくり休ませて、また明日もお財布とお金が最大のパワーを発揮することができるように、充電させることが大切です。
このように、お財布を買い替えることは、開運体質に変わるための絶好のチャンスです。これまでの良くない習慣を見直して、お金を呼び込み、貯めていくことができるようにシフトしていきましょう。

昔からよく言われていますが、「お金はお金を呼び込む」のです。お金のないところには、お金は集まってきません。ですから、まずはお金を吸い寄せるためのお金が必要となるのです。

一度、お金やお財布を正しく扱う習慣さえ身につけば、あとは面白いほどお金の方から舞い込んでくるようになります。

お金持ちというのは、お金を使うことを惜しみませんが、適材適所で支払っています。また、同時に「お金はいつでも使える」という考えを持っていますので、使うことを焦らないのです。

支払って価値のある物に対してだけ支払い、その場合には高額であっても惜しまないという考え方をします。これが、本来のお金の正しい使い方です。お金に対して、どんと構えて、支払うべきはドンと支払うのです。

いつもお金に困っている人の習慣は、常にケチケチしてお金にビクビクしている割に、コンビニで1日に何度も数百円を落としていきます。「チリも積もれば山となる」のまさに典型です。本来、あなたが支払って購入すべきものは何でしょうか?

 

 

財布布団のご注文はこちらからどうぞ