仲手川布団店

仲手川布団店

明治から昭和初期まで、大磯は多くの政財界の別荘地として栄えました。
当店は吉田茂邸の出入り業者としてご愛用頂いておりました。
ページ中に掲載していない製品のお仕立てなどにつきましても、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

03-5809-1515

お問い合わせ
 
2016/09/07 まさかの方法でお金が貯まる!サイフ自身が貯めてくれる!(後)

 
まさかの方法でお金が貯まる!サイフ自身が貯めてくれる!

メインの財布(サイフ)は長財布が良いと伝えましたが、その理由はお札を折り曲げることなく、そのまま入れることができるからです。スピリチュアルな話しでいけば「折り曲げられた状態で、ずっと入れられていたらお札は苦しい」ということが言えます。

現実的な話しをすれば「お札を折り曲げずに丁寧に扱うことで、お金を真剣に考える習慣が身につく」ということです。このようにお金を大切に扱うという意識は「お金を貯める!」という視点で根本的に良い結果を生み出してくれる源泉となるのです。

お金を貯めるために、自分自身はお金に照れていてはいけません。それだとお金は逃げていきます。財布はお札を迎え入れるホテルということを言いましたが、小銭は迎え入れなくて良いというわけではありません。

例え少額であろうが、小銭をぞんざいに扱うことは決してあってはなりません。お金が貯まる人ほど、少額のお金であろうが小銭であろうが、大事に扱います。そういったしっかりした考え方を持って、大切に扱っているとお金の正しい使い道が分かってきます。

節約するばかりがお金が貯まるということではないです。安いものばかりを買っていると、結局消耗が激しく何度も何度も買い替えてしまったりするので、少々値段が高くても良い物と購入した方が結果的にお得だったりするのはよくある話です。

それから本物を手にしないと、本質は見えません。自分自身の金銭感覚を正常に保ち、生活に使うお金と貯めるお金、自己投資で今後のために使用するお金、などとしっかりした計画を立てられる人にお金は集まります。

そういった感覚というのは、財布を丁寧に扱い、お金を丁寧に扱うをいった基本的なところから始まり、磨かれて行きます。

もちろん今まで話してきたようなことをすれば、必ずお金が貯まると約束できるわけではありません。

例えば世の中の財布(サイフ)で1番多い色は黒色なのですから、金運がアップするという黒色の財布を持っている人は、皆お金が貯まっているということになります。大事なことは「ベストを尽くす!」ということです。

お金を稼ぐことも必要です。財布を丁寧に扱うことも必要です。お金に対する真摯な考えを持つべきです。お金の正しい使い方をマスターするべきです。そういったことを徹底して、積み重ねて、はじめてチャンスを得ることができるのです。

そういった考えや行動ができるようになれば、財布布団の意味も理解できるでしょう。財布布団とはその名の通り、自身の財布を布団に入れて休ませてあげる商品です。

風水的な意味合いもあるかもしれませんが、本質的には財布やお金を大事に扱う精神を養うということなのです。財布に感謝して、1日の労を労って財布布団で休ませてあげることによって、財布にその心が伝わるのです。

物に精神が宿るという考え方を持つ日本人にとっては、すごくイメージしやすい事柄ではないでしょうか。お金に対してしっかりと向き合い、真剣に考えるということで、お金に好かれる体質へと変化させましょう。

 

 

財布布団のご注文はこちらからどうぞ