仲手川布団店

仲手川布団店

明治から昭和初期まで、大磯は多くの政財界の別荘地として栄えました。
当店は吉田茂邸の出入り業者としてご愛用頂いておりました。
ページ中に掲載していない製品のお仕立てなどにつきましても、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

03-5809-1515

お問い合わせ
 
 
2016/11/26 今日やるべき事がわかっているお金持ちの習慣化と行動力

 
石の上にも三年、苦労は買ってでもせよ、と昔の人は言いましたね。勤勉で真面目な日本人らしい格言です。しかし、苦労した人ほどお金を手にしているのでしょうか。

また、裕福な家に生まれたからお金が入ってきやすい環境にあり、それは一生続き、庶民に生まれた人は一生貧乏なまま…本当にそうなのでしょうか? 貧乏な人が裕福になるのは無理なことなのでしょうか。

同じように真面目に仕事をしているように見えるのに、お金がある人と、いつも窮乏している人…どのような違いがあるのでしょう?

お金持ちについて研究をしている人はこう言います。

「裕福になるための習慣を身に着けることが重要だ」と。

日々の習慣が、積もり積もって未来の成功や、富を引き寄せているというのです。

誰だって、しなくていい苦労はしたくないのが本音です。日々の生活の中で心がけることによって豊かな生活が手に入れられるのなら、ぜひ実践してみたいですね。お金を持っている人に共通した行動傾向があるように、貧乏な人にも共通した行動があるようです。

ここでは、富を手にした人たちに聞いた、毎日実践している習慣を紹介していきます。

貧乏を引き寄せる行動を見直して、セレブリティになる行動のくせをつけていきましょう。

お金持ちがお金を呼び寄せるために毎日やっていること

1.毎日目標を立て、その達成のために集中している。

 62%人が「はい」と答えています。

 裕福な人たちは、明確な目標を設定し、それを紙に書きだしてその達成のために努力しています。

2.今日やるべきことがわかっている。

 毎日やるべきことのリストをつくっているお金持ちが81%に上ります。

 さらに、そのうちの67%の人たちは、やることリストの70%を完了させています。

3.TVを観ない。

 67%が「はい」と答えています。さらに、バラエティ番組を見ると答えた人は全体の7%しかいません。

 彼らは、生産的に時間を使うことを重視しているので、TVを見る時間があれば有益な読書などに時間を費やしているのです。

4.読書をする。

 86%が読書が好きと答えています。また小説ではなく、自己啓発本などの実用書を好んで読む傾向があり、88%が毎日30分程度、これらを読むことに費やしています。これに対して自己啓発本を読む貧乏な人たちはわずか2%です。

5..オーディオブックに興味がある。

 63%が、通勤途中に自己啓発などのオーディオブックを聴いている、と答えています。

6.職場で、要求される以上の仕事をしている。

 81%が、通常以上の仕事をし、86%が週に50時間以上働き、今の仕事に満足していない人はわずか6%です。

7.一獲千金を狙わない。

 多くのお金持ちは、事業主で、リスクを冒して投資しているが、宝くじなどを買うのはわずか6%です。

8.体型を気にしている。

 1日に摂取する総カロリーを計算している人は57%です。健康を心がけ、長く働くことが資産を増やすことにつながります。

9.お金持ちは笑顔に気を使う。

 毎日デンタルフロスを使い歯のケアをしている人は62%です。

 お金を稼ぐには人脈がなにより大事。歯のケアもできない人が、信用される筈はないのです。

上手に習慣化することが得策な理由

これら9つの行動は、やろうと思えば生活の中に取り入れることは決して難しいことではありません。習慣化するということは脳みそを使わずに自然に行うということなので疲労感が少なくて済みます。パソコン初心者の人が、キーボードをにらみながら一文字ずつ入力すると、脳も目も疲労しますが、タッチタイピングを覚えてしまえば、無意識に手が動きますから、疲労も少なくて済みます。それと全く同じ理屈です。新入社員の頃は疲れるけれど、日が経って仕事に慣れてくれば繰り返しで物足りなさを感じることすらあるということも同様です。

脳を休めながら、結果を出すための努力を無意識のうちにできるということですよね。その分、ビジネスに脳を使えますから、効率的に仕事ができ、さらにお金が入ってくることになるでしょう。これは身につける価値があります。

しかし、バラエティ番組大好き、読書はマンガだけ、宝くじを買うのが楽しみ…といった方が、突然生活を一変させるのは難しいでしょう。

そんな方にも、楽しみながらお金持ちを目指せる話題の方法があるんです。

財布布団という言葉を聞いたことがありますか?

サイフも、毎日外に出て働いていると疲れる。そこで、英気を養ってもらうために専用の布団に寝かせて休ませてあげるとお金の流れが良くなるというものです。これは、つまりお金に感謝し、大事にするということなんですね。

馬鹿げたことだと思いますか?しかし、感謝の気持ちを形や行動に表すということは運気上昇の大きなカギになるんですよ。まずは信じて行動することが大事です。

結論、行動力がお金を呼ぶ

財布布団は自分で作ることもできます。

サイフが乗る大きさの綿入りの敷布団と掛け布団を用意し、サイフを寝かせるだけです。ある芸能人が伊勢神宮で購入すると言ったことから話題になり、今ではネットなどでも購入することができます。

財布を布団に寝かせるというのは、お金や日々働いてくれているお財布への感謝を表すとともに、お金の大切さや、感謝の心を改めて実感する効果があります。お金は大事、とわかっていても普段そのことについて深く考える機会はなかなかありませんよね。このように行動に移すことで、改めて普段何気なく使っているお金やサイフに感謝するきっかけになるのです。

神社や仏像に手を合わせるのに近い行動ですね。バカみたい、と笑ってしまうのは簡単ですがだまされたつもりでやってみるのは意味があることでしょう。財布布団をつくり、日々お金に感謝をすると、お金の使い方も変わってくるかもしれません。

お金を稼いでいる人の行動傾向を挙げましたが、そうしようと考えているだけでは駄目です。彼らは一晩で富を手に入れたわけではなく、日々の考え方や行動の積み重ねが富を呼び寄せたわけです。

また、彼らに共通しているのはお金が好きで、感謝しているということです。お金が好きというと、「お金に汚い」という印象を持つ人もいるかもしれませんが、お金は生活に必要なものであり、正しく使えば決して汚いものではありません。お金に対するネガティブなイメージは、お金の流れを停滞させてしまいます。美味しいものを食べたり、趣味に没頭したり、また人の命や生活を救うのにもお金は必要です。お金を悪者にしては可哀想ですよね。お金を大事にして、感謝をしましょう。

 お金持ちが日々心がけていることがわかりましたね。

 毎日を漠然と過ごすことなく、今日やるべきことを常に意識し、常に目標をたててその実現のための努力を惜しまない。目標を明確にするためにリストを作る。自己実現の勉強に時間を費やし、テレビは見ない。通勤時間も自己啓発の勉強にあてて、一獲千金を狙わず、体型や虫歯ケアなど身だしなみにも十分に気を使う。

 一つ一つは難しいことではありませんが、すべてを生活の中で毎日行うとなると相当の努力や意志の強さが必要になります。それらを一つずつ、実践していきながら、財布布団を用意して、改めてお金に感謝し、金運アップを期待するのもいいですね。

 サイフを布団に寝かせるなんて、子供の頃のままごと遊びを思い出し、少しわくわくもします。

 それから、お金はお金が好きな人に寄ってきますから、お金を大好きになるのも重要です。お金を稼ぐことに罪悪感を持っていたり、お金を汚いものと思っていては、金運が上がることはありません。お金は、望めば望むだけやってくるもので、これだけでいいと思えば、思った分しかやってこないといいますから、お金に対するネガティブな思いを手放して幸せなお金持ちになりましょう。

 

財布布団のご注文はこちらからどうぞ