仲手川布団店

仲手川布団店

明治から昭和初期まで、大磯は多くの政財界の別荘地として栄えました。
当店は吉田茂邸の出入り業者としてご愛用頂いておりました。
ページ中に掲載していない製品のお仕立てなどにつきましても、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

03-5809-1515

お問い合わせ
 
 
2016/11/27 財布布団はお金の住み家!財布にエネルギーを与える方法

 
 なかなかお金が貯まらず苦しんでいるとき、運気を上げてお金を呼び込もうと考える人は多いです。しかし、お金には「一緒にいたい人」「一緒にいたくない人」と好みがあります。そしてお金の好みに合った人でなければ、お金は一緒にいようと思わないため、なかなか落ち着いてくれません。そのためがんばって呼び込んでも、お金の側が「一緒にいたくない」と思ってしまうとすぐに出ていってしまうのです。

 そこで自分のところでお金が落ち着いてくれるようになるためには、お金の方が一緒にいたいと思えるような環境を作ってあげることが重要です。

そのためには寂しがり屋で明るく楽しいことが大好きなお金の性格を知り、お金の居場所となるサイフに工夫を凝らします。また、お金にも感情があります。人もそうですが、できれば自分に気遣いをしてくれる人、自分を大切に扱ってくれる人、自分を好きでいてくれる人のそばにいたいと願います。

 ですので、金運を上げるためにはまずお金がさみしく思わないように、暗い気持ちにならないように心掛けます。そして住みやすいサイフ環境を整え、お金を尊重する接し方を心掛けます。

するとお金の方から寄ってくるようになり、次々と仲間を呼び込むようになっていきます。

自分のところでお金が落ち着いてくれるようになるためには?

 自分のところでお金が落ち着いてくれるようになるためには、お金の好む環境を作ることが大切です。というのも、お金は寂しがり屋で、明るく楽しい人が大好きです。それにあまり働きすぎてしまうと疲れてしまうので、時々休みも必要とします。では、お金が落ち着く環境とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

 まず、お金は寂しがり屋さんなので、仲間を必要とします。そのためお金やお金に似た色である黄色・金色のところに集まろうとします。そのため風水では、西側に黄色や金色のものを置くと金運が上がるとされています。少しでもお金の仲間を用意しておきましょう。

 次に、お金は明るく楽しい人…ポジティブな人の所に集まる傾向があります。というのも、風水学では宇宙にあるものはすべてエネルギーでできており、常に循環していると考えられています。

また正のエネルギーは正に、負のエネルギーは負に引き寄せられる傾向があります。

そして人はポジティブな考え方、行動をしていると正のエネルギーを発するため、さらに良い運気を呼び込むことができます。すると全体的な開運へとつながるのです。 なお、お金も例外ではありません。お金も正の力を発している人の所に引き寄せられる傾向があります。ですので、お金が落ち着いてくれるようにできるだけポジティブな考えを持つように心掛けましょう。

 ただし、お金も働きすぎてしまうと疲れてしまいます。そのため定期的に休ませることも必要です。休むときはしっかりと休めるように、光が届かないところを用意しましょう。また、財布布団に寝かせてあげて、しっかり休養がとれるようにします。 すると働くときはつねに頑張って働けるようになります。

サイフに工夫してみよう

 サイフは私たちにとって最も身近なお金の住処です。そのため、少しでもお金が不快に思わないような環境を作っていく必要があります。

 まずお金は、とてもきれい好きです。汚い所やボロボロの所に長くいたいとは思いません。なので、財布の中はつねにきれいにしておきましょう。レシートやゴミはなるべく入っていないようにします。できればレシートは毎日抜いておくのが良いでしょう。また、レシートを入れる際はできるだけお金と入れる場所を分けてあげます。するとお金だけの空間を保つことができます。 また、もしお財布がボロボロになってきてしまったら変えてあげるようにしましょう。

人もそうですが、できれば新しくてきれいなところがいいですよね。お金もボロボロの所はきらいなので、もし気になるようなら変えてあげるようにしましょう。

 次に、お金は狭いところが嫌いです。なので、お金が入るところはできるだけ広くしましょう。 具体的にはポイントカードや診察券など、「お金以外のもの」はできるだけいれないようにします。ポイントカードや診察券でいっぱいいっぱいだと、お金は窮屈に思ってしまいます。ただでさえ窮屈なところに、さらに仲間を呼ぼうとは思えないですよね。お金が窮屈に思わないように、できるだけお財布には余裕を持たせるようにしましょう。

 また、お札も常に折れている状態だと息苦しく感じてしまいます。そのためできれば、長財布にしてあげるようにしましょう。

 また、開運のためには中に黄色いものや金色のものを入れるのも効果的です。これらのものを置くことで仲間を呼び込むことができるためです。また、鈴も魔除けになるため、今つかっているものにつけてあげるだけでも効果的になります。

あなたの気遣いで財布のエネルギーは変わる

 お金にも感情があります。そしてできるだけ自分を好きでいてくれる人、大切に思ってくれる人のところにいたいと願います。逆に自分を嫌いに思う人、大切に思ってくれない人のところには集まらなくなってしまいます。ですので、お金に気遣いをしっかりかけてあげましょう。

 まずお金を大切につかってあげましょう。なんとなく使ってしまう、嫌々使ってしまう…そんな人のところでお金は働きたいとは思いません。少しでも自分のためになること、楽しいことのために使ってあげましょう。

 そしてお金は、ずっと使われてしまうと疲れて十分な働きができなくなってしまいます。そのため、定期的に休ませてあげるようにしましょう。具体的には帰って来たら、光の届かない、静かなところでゆっくり休ませてあげます。その時、できれば財布布団にねかせてあげましょう。

 財布布団とは、その名のとおりお財布の布団です。市販もされていますが、お気に入りの布などで手作りもできます。私たち人は、床でも眠りますが、布団の上で寝た方がよりぐっすりと眠れます。財布も同様に、しっかりと財布布団に入れてあげることでゆっくりと休まることができます。 そしてゆっくりと休まれば、働くときはしっかりと働くことができます。働くときは働く、休むときは休むといったオンとオフをしっかりとつけてあげるようにしましょう。

 また、財布布団の置く場所、お金の入れる場所はできるだけ固定してあげましょう。居場所が定まらないと、誰でも落ち着くことができません。しっかりとお金の置く場所を決めてあげ、落ち着くことができる場所を作ってあげましょう。するとお金も落ち着くことができるようになります。

  お金は寂しがり屋で、明るく楽しい所を好みます。そして自分を大切に思ってくれる人の元で働きたいと思います。そのためには、少しでも仲間を用意してあげるとともに、常にポジティブな気持ちを持つように心掛けます。明るい気持ちを心掛けることで、開運にもつながるためです。

  そして、お金が充実感もって働けるよう、お金にとって居心地の良い場所を提供することも重要です。お金の居場所であるサイフはつねにきれいに保ち、できるだけ広い空間を保ちます。そのためには余計なものは入れないようにしてあげましょう。そして1日働いた後はゆっくり休むことができる様、財布布団にしっかりと寝かせてあげることも重要です。

 お金はとても純粋です。自分を大切に思ってくれる人のところには多く集まり、一生懸命働こうとしますが、お金を嫌い大切にしてくれない人のところにはまったく集まろうとしません。また、金運は流れるものなので、お金が集まってきたからといって流れを止めてしまうと、そのまま金運はよどみ、お金は怠けるようになってしまいます。

 お金がより楽しく明るく働けるように、自分にとってためになることにお金をつかってあげます。そしてお金の意思を尊重し、快適な環境を作るようにしていきましょう。

 

財布布団のご注文はこちらからどうぞ