仲手川布団店

仲手川布団店

明治から昭和初期まで、大磯は多くの政財界の別荘地として栄えました。
当店は吉田茂邸の出入り業者としてご愛用頂いておりました。
ページ中に掲載していない製品のお仕立てなどにつきましても、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

03-5809-1515

お問い合わせ
 

2016/01/20 お財布にまつわる金運アップ術


こんにちは。
 
インターネット上にはお財布にまつわる開運テクニックや金運術の情報がたくさん出ています。
 
しかし、何を信じてよいかわからないし、なんか胡散臭い。
巷ではそういった意見も多いようです。
 
では、そういった最近言われ始めたことではなく、いわゆる昔から良いと言われているお財布に関する仕様の注意点をまとめてみました。
 
大きく分けて以下の5つを上げさせていただきます。
 
  • ,札の向き(入れる方向)を揃える。
  • ▲譽掘璽函蔑亮書)は毎日お財布から出す。
  • カードを色々入れずに最小限にする。
  • ぞ銭はお札と別小銭入れに入れる。
  • ゲ箸傍△辰燭薺戮泙擦襦
 
 
  • ,札の向き(入れる方向)を揃える。
お札(紙幣)は、お財布の中で同じ方向に入れるとよいと言われております。
顔の上を奥に入れるが手前に持ってくるかは人それぞれによってお考えが異なりますが、要は一方向にキレにそろえることがポイントのようです。
また、ちなみにお金の種類(金額)も同じものでまとめると良いとされております。
 
お金の向きや種類が揃っていると、お財布の中にお金がいくらあるか一目瞭然なので、実際「無駄使いが減る」効果もあるかもしれませんね。
 

 
  • ▲譽掘璽函蔑亮書)は毎日お財布から出す。
    これも昔からよく言われておりますよね。
自宅に帰宅後、まずお財布の中からレシートや領収書などのお金やカード以外のものを取り出すというものです。家計簿をつけられている方であれば毎日の習慣になっているかと思いますが、お財布の中でいろいろな紙が散乱しているのは、あまり美しくはないですね。
お金やお財布にとてもゴミが散らかっていると思われそうです。
家計簿付けを行って頂くのが理想ですが、そうでなくても一日の支出の振り返りにもなりますので、これ自体とても良い習慣と言えるかもしれません。
 
(続く)

 

 

財布布団のご注文はこちらからどうぞ