仲手川布団店

仲手川布団店

明治から昭和初期まで、大磯は多くの政財界の別荘地として栄えました。
当店は吉田茂邸の出入り業者としてご愛用頂いておりました。
ページ中に掲載していない製品のお仕立てなどにつきましても、下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。

03-5809-1515

>>運営会社

お問い合わせ
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日

こちらで、お財布布団の使い方や効果をアップさせるメンテナンス方法などを配信しております。めざせ!お財布ふとんマスター!!

友たち募集中
 

2015/01/05 お財布布団のご注文


全国のお客様からたくさんのお財布布団のご注文を頂いております。

特に年末10〜12月はお問い合わせをたくさん戴き、昨年は11月にご注文戴いたお客様に関しましても年内のお届けは難しく、現在その発送作業に追われております。
 
ご注文頂きましたお客さまには大変申し訳ございませんが、少々お待ちくださいませ。



お財布布団は店頭販売していませんでした


そもそもお財布をお布団に寝かせるというものは、お金を大事にする習慣が発祥と言い伝えられております。

当店は明治5年創業の140年。

実は、当初はお財布の布団というものは本来は店頭に並んでおらず、表立っての販売はしておりませんでした。

先代からの話によると、創業当時からお客様から特別注文という形でご依頼があった際にお作りさせて頂いておるようで、依頼、長きに渡り当店の名物のようなものになっております。




これは、お金を大切になされる方々に言い伝えられるお金と上手く付き合っていく極意なのかもしれません。

お金を大切にされる方はお財布にこだわると、耳にされた方も多いかと存じます。

そもそも、お金持ちのお財布に対するこだわりとはどんなものなのでしょうか。

当店でもどういう事をしているのか調べてみたら以下のことが分かりました!

要は、お金持ちは「お金を常に感謝し大切に扱われている」ことを具体的に体現されているようです。

 

お金を大事に扱うのは当り前のこと


“お金を粗末にしない”

我々が子供の時から当たり前のようによく言われていることです。

我々人間だって、住まいは少しでも住みよい場所に住みたいと思うのは自然な考え方です。

また、きれいで快適にしておきたいものです。

それは大切に扱うお金も一緒なのかもしれません。

当然、そのお金にお入り頂くお財布は、常にきれいにしておかなければなりません。

そうなれば、そのお財布を置いておく場所も、同時にこだわるのがお金持を大切にされる方の考え方のようです。

 

お財布を布団で休ませる習慣


お財布を布団に寝かせて休ませる、日常的な習慣

お財布布団は、そんなお金を大切にされる方のこだわりから生まれました。

その後、それが本当に正しいことが実証され継承された、いわばお金と上手く付き合う為の「先人の知恵」なのかもしれませんね。

 

まとめ


当店には、全国から多くの御礼やお喜びの声を戴いております。

ご興味をお持ちの方はぜひホームページをごらんください。

たくさんの喜びの声や金運アップに関する情報を掲載中です。




 
 

財布布団のご注文はこちらからどうぞ

こちらで当店が常連のお客様から聞いた『みるみる金運が上がる方法』を発信してます。↓ 友だち追加